未就学児におすすめの勉強法

未就学児の家庭での勉強法について

おすすめリンク

家庭で始める幼児教育

子どもの能力を伸ばすきっかけにしたい!気軽に家庭で始められる幼児教育をご紹介します。

ポスターを貼って覚えさせる

お風呂での学習は親子で楽しめるだけではなく、お風呂に入りながら親子のコミュニケーションも取れます。
それにお湯で落とせるクレヨンがあれば見るだけではなく書く練習もする事が出来ます。
書けるようになれば子供も大きな自信に繋がりますし、学習する楽しさを実感する事が出来ます。

寒い時期になってくればお風呂に浸かる時間も長くなりますので、親子で温まりながら楽しく勉強が出来ます。
考える力を伸ばす為にはやはり親も一緒になって学習する事が大切だと思います。
最近では小学校に入る前から習い事で勉強させている家庭も多いとは思いますが、一番は自宅での学習が子供の力を伸ばせるのではないかと思います。

一番安心出来る親が側にいれば子供だって安心して勉強に取り組む事が出来ますし、成果が目に見えて分かります。
では自宅での学習はいつから始めるべきなのでしょうか?
やはり、子供自身が文字や数字に興味が出てきた時が一番学習に持ち込むべき時だと思います。

特にお風呂だと毎日入るものなので、自然とお風呂での学習を習慣付けるようになると生活の一部として勉強するのが当たり前になってきます。
なるべく同じ時間帯で短めに行う事から始めるのが良いそうです。
そして、必ず褒めてあげる事が重要みたいです。

褒める事で子供のやる気アップにも繋がりますし大きな自信の表れにもあるようです。
ご褒美としてシールを貼ってあげたりすると達成感を感じる事が出来て学習への意欲が高まるようです。

親子で楽しく学習出来る

よく100均に売っている平仮名や片仮名のポスターを購入してトイレの壁に貼って子供に覚えさせている家庭も多いのではないでしょうか? 最初から平仮名が書ける子は少ないと思います。 子供は物を形で覚える事が多いので平仮名も形で覚えさせる方がイメージもしやすいと思います。

ドリルで勉強させる場合について

一番家庭での未就学児の勉強法と言えばドリルでの学習を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。 市販されているドリルは可愛いキャラクターが描かれている事が多く好きなキャラクターであれば遊びの感覚で楽しく学習出来ます。 それに達成感も目に見えて分かります。

家にあるおもちゃを使って勉強する方法もあります

数の勉強をする際に家にあるおもちゃを使って勉強させている家庭も多いと思います。 前の記事でも紹介したと思いますが、平仮名や片仮名はドリルやポスターを使った方が分かりやすいですが、数の勉強の場合だと身近にあるおもちゃで楽しく遊び感覚で勉強する事が出来ます。