未就学児の家庭での勉強法について

>

親子で楽しく学習出来る

お菓子を使ってゲームをする

お菓子を使って家の様々な所にお菓子を隠してそれを探し当てるゲームをして記憶力を伸ばしている家庭もあります。
遊びの感覚で勉強すると自然と勉強するようになるそうです。
遊びの中には勉強と同じ位大切な事が沢山含まれており質の良い遊びを通した学習をする事で勉強出来る子に育つのです。

未就学児の子供にとって重要なのは遊ぶ事でありまだまだ勉強を本格的に行うには早いのです。
しかし遊びを通して学ばせて行く事により子供自身に考える力や想像力が身に付くと言われています。
探すゲームをする事でお菓子がどこにあるのかを考えて想像し探し当てるようになれば、小学校に行っても自然と考える力が身に付き大きくなってからも勉強に遅れをきたす事がなくなるみたいです。

外で遊びながら学ばせる場合について

外遊びは感覚の様々な分野を使う事が多いです。
その為、外遊びは学習する場には最適な場所だと言われています。
実際に目で見て触れる事により自然と人間に備わっている五感を活かして能力を身に付けているのです。

自然に触れて遊びながら学ぶ事で書くだけではなく子供自身の発見や意欲を高める事が出来ます。
家でドリルをするのも良いとは思いますが、たまには外遊びを行い自然の中で様々な事を学ばせてあげるとこれから先の勉強も楽しく基礎的な部分を身に付ける事が出来るのではないかと思います。
外遊びは脳を育てるのに一番良いとされていてある研究施設においてある世代の子供のデーターを調査した所脳の発達において素晴らしい研究結果が出ているそうです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ