未就学児の家庭での勉強法について

>

ドリルで勉強させる場合について

必ず親が見て一緒に学習する事

子供が学習している時はなるべく手を出さずに親は見守ってあげる事が大切です。
前の記事でも紹介したと思いますが、必ず褒めてあげる事は忘れないようにして下さい。
一番は、学習している子供とのコミュニケーションが大切で子供に質問されたら適当に答えたりしないできちんと分かりやすいように答えてあげるようにしましょう。

そして、一緒に学習をして目を離さないで勉強を見る事が重要です。
なるべく静かな環境で集中力を切らさないようにしてあげるのが良いと思います。
家庭学習で重要なのは静かに勉強出来る環境があると言う事です。
なので、子供が勉強したいと言ったらテレビは消して静かにしたりスマホいじりを一旦やめて子供の学習に付き合う事が良いです。

コミュニケーションは考える力の土台です

子供自身の考える力を伸ばしたいのであれば、家庭学習において子供とのコミュニケーションはこまめに取っていた方が良いみたいです。
特に、未就学児はまだ自分の気持ちを上手く周りに伝える事が出来ませんし、考えようとする力も多くはありません。
家庭学習は書く事を重要視している家庭も多いとは思いますが、紙に書いたりするだけではなく話すだけで子供の能力を伸ばしてあげる学習方法もあるのです。

会話のやりとりを通じて子供自身が考えてきちんと話せるようにもなりますし、小学校に行ってからも問題を解こうとする気持ちが強く芽生えるみたいです。
家庭学習で大切な事はやはり親自身が子供と寄り添って学ぶと言う事にあると思いますし、子供との時間を大切にする事で楽しい時間の共有になると思います。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ