未就学児の家庭での勉強法について

>

家にあるおもちゃを使って勉強する方法もあります

子供のペースに合わせる事

親と言うのはどうしても周りの他の子の親から家庭での学習方法や習い事をしているかと言う事を聞くと自分の子にも同じような環境を与えるべきかどうか悩みます。
周りに無理に合わせてしまうとまだ子供自身があまり興味のない事を無理に学ばなければならない環境になってしまうので好きではない事だと苦痛に感じてしまい習い事や学ぶ事への意欲が失われるだけではなく勉強する事自体が苦痛に思ってしまうのです。

なので、なるべく自分の子供のペースに合わせて学習時期や学習方法を考えてあげると良いと思います。
大切な事はその子が持っている可能性を親の都合で潰してしまわない事です。
子供のペースに合わせる事により家庭学習した際に学ぼうとする意欲の高さ自体が違うと言います。

間違っても怒らない事

親自身は正しい答えを知っているからこそ、子供が間違った答えや字を書いてしまうとどうしてもイライラしてしまう部分があると思います。
しかし家庭学習で重要な事は絶対に子供が間違っても怒らないで見守る事が大切なのです。
間違っていても文字や正しい答えが書けるようになれば自ずと答えを導き出せるようになり間違った答えも自分自身の力で直す事が出来るようになるのです。

なので、近くで勉強を見ていたとしても怒らないで最後まで優しく見守ってあげる事が大切です。
そうする事で子供自身に考える力も付きますし、家庭での学習は楽しいものなんだと認識するようになります。
小学生になっても親が言わなくても自分から勉強する姿勢も身に付くようになります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ